インプラント手術時の静脈内鎮静法とは?

インプラント手術時の静脈内鎮静法とは?

うとうと

インプラント手術に際して鎮静剤の点滴を行うことによって、リラックスした状態で治療を行う方法です。全身麻酔のように完全に眠ってしまうのではなく、うとうとしたようなぼんやりした状態になり、治療に伴う不安や恐怖感、ストレスによる血圧や脈拍の変動、嘔吐反射などの症状を軽くすることができます。痛みも多少感じにくくはなりますが十分ではないため、局所麻酔を併用して抑えていきます。入院する必要はなく、処置が終了すればその日に帰宅できます。

インプラント治療は、局所麻酔のみで行うことも可能ですが、痛みを無くすことができても、治療中の音が聞こえたり、振動が伝わってきたりするため、不安や恐怖を感じることもあります。
静脈内鎮静法を使用することで、リラックスした状態で治療を受けることができます。感じ方には個人差がありますが、「あっという間に治療が終わった」「寝ている間に治療が終わっていた」という声も多く耳にします。
また、静脈内鎮静法には健忘作用もあるため、治療中の記憶が残らない人も多いです。

モニタ

全身麻酔との違い
全身麻酔では意識がなくなりますが、そうなると自然と呼吸をしなくなります。そのため、人工呼吸(呼吸管理)が必要となります。
静脈内鎮静法は意識がなくなるわけではないため、自発呼吸が可能です。また、全身麻酔は入院が必要ですが、静脈内鎮静法は入院の必要がなく、日帰り手術が可能です。

静脈内鎮静法全身麻酔
眠くなるが意識はある。

自分で呼吸ができる。

入院の必要がない。

適応症が限られる。

鎮静状態からの回復が早い。

意識がなくなる。

呼吸が止まるので人工呼吸が必要。

入院が必要なことが多い。

あらゆる部位の手術に適応できる。

麻酔からの回復に時間がかかる。

静脈内鎮静法は安全性の高い方法であり、多くの患者様に使用されていますが、稀に呼吸や血圧に影響する場合もあります。
そのため、静脈内鎮静法を用いる場合には、鎮静法についての知識・経験を持った歯科麻酔医が立ち会うことが必要です。また、何かトラブルが生じた場合に、対応できるだけの設備も必要となります。
静脈内鎮静法は、全身麻酔と比較すると安全性は高いのですが、リスクがゼロではありません。安全性を高めるための設備・体制が必要です。

 

静脈内鎮静法で使用される薬剤
静脈内鎮静法で投与される薬剤は、麻酔医によって違います。また、治療内容などによっても、投与する量を調節する必要があります。
主に「ミダゾラム」、「プロポフォール」、「デクスメデトミジン」といった薬剤が使用されますが、効果を確認しながら量を調整します。

静脈内鎮静法が効かないケース
「静脈内鎮静法が効かないことはありますか?」という質問を受けることがありますが、静脈内鎮静法が効かないということはほとんどないでしょう。鎮静効果を確認してから治療を開始するため、鎮静法が効かないまま治療を開始することはありません。

静脈内鎮静法は、インプラント治療を安全で快適なものにすることを目的として用いられます。静脈内鎮静法によるリスクはゼロではありませんが、体制や設備が整っていれば、安全性の高い鎮静法です。
治療や麻酔に対して不安を抱く患者様は多いですが、カウンセリングなどを利用して、不安を解消することも大切です。

笑気

笑気吸入鎮静法とは、笑気ガスを鼻から吸入して鎮静状態を作る方法です。静脈内鎮静法と比較すると簡便な方法であり、回復時間も短いというメリットはあるのですが、効き目が良くない・効かない場合があるというデメリットもあります。
笑気麻酔と鎮静剤を組み合わせて使用する方法もあります。笑気吸入鎮静法では効果が得られない場合などにお勧めしています。