インプラント治療を専門医が解説

福岡市で安心してインプラント治療を受ける方法
名医と良医

インプラント治療はとても素晴らしい治療方法ですが、注意すべき点もあります。

インプラント治療とは?

インプラント体

インプラントは骨内に植立される人工物の総称を差します。特に歯科用に用いられるインプラントは純チタ ンを用いた身体に親和性の非常に高いもので、
その現代歯科インプラントの歴史は約50年になります。「歯をなくした後もよく噛めるようになりたい」 という思いを叶えるインプラントでしたが、
今では条件が揃えば、自分の歯と同じように、自然で美しいインプラント治療が可能になりました。前歯のインプラント治療は奥歯よりも難易度が高いため、
専門医による治療が不可欠です。当院では、技術と知識それから経験が豊富な日本口腔インプラント学会認定インプラント専門医が適切に治療致します。

歯科用インプラントのメーカーは世界中で数百社以上とも言われています。その中で、科学的データ、治療成績が適切に紹介されているインプ ラントメーカーを使用しているクリニックです。

インプラント治療とブリッジの違い

を失っ場合の一般的な治療法は、ブリッジや部分入れ歯などがあります。これらの治療法では、周囲の歯を削る必要があり、
他の歯の負担を増やすことになります。それに対して、インプラントは周囲の歯を傷つけることなく、インプラント自体が歯として機能することで周囲の歯の負担を減らします。インプラントは入れ歯やブリッジと違って顎の骨にしっかりとインプラントが固定されるので、噛みごたえのある食材も食べる事ができます。
に金属を埋め込むことに抵抗があるという方もいますが、チタンは生体との親和性が最も高い金属で、長年の多数の症例の臨床的研究でも耐久性が立証されている安心できる材料です。手術後、3~6ヶ月ほど顎の骨としっかり結合させる期間をおけば、天然歯同様の効果を得ることができます。

治療後は定期的にメインテナンスを行い、インプラントの状態や歯肉かみ合わせのチェックを行います。
インプラントの最大の敵「歯周病」は、インプラント治療をした顎骨を溶かしてしまう恐れがある病気です。

インプラントは神経が通っていないため、自覚症状を感じた時には手遅れになっているケースがほとんどです。
顎の骨が溶けてしまうとインプラントが抜け落ちてしまいますので、しっかりメンテナンスを行っていつまでも噛めるように歯科衛生士のメインテナンスを継続しましょう。

治療を受ける前に

インプラントが顎の骨に生着するには、3~6か月の時間が必要になります。この期間には個人差があり、顎の骨の状態や体の状態によって左右されます。このため、インプラントを埋め込んだ後から咬めるようになるまでのスケジュールも患者さんによって異なります。安全性、メリット、デメリット、リスクについての十分な説明を致します。
また、治療に際して、禁煙、歯周病治療、正しいセルフプラークコントロール、治療後の歯科医院でのメインテナンスの継続が必要です。

安心のカウンセリング

カウンセリング画像

インプラントの3つの構造

インプラントは大きく3つのパーツから構成されています。まずは骨の中に埋め込まれている「インプラント」、
被せ物となる「上部構造」、その2つをつなぐ「アバットメント」です。

インプラント絵
器具の滅菌・消毒
徹底した衛生管理で安全な医療を提供します。
☆インプラント治療の受け方

インプラント治療を安心して受けるためにはその内容を十分理解するとともに、適切な診断と確実な治療をして頂ける歯科医師をうまく探すことです。
文書にすると簡単ですが、実は難しい。30年間のインプラント手術では患者さん毎の骨の硬さや形状により柔軟な対応が必要とされる場面に多々遭遇します。
本と言葉では表しきれない経験がそこにはあるのが現状です。
さて、インプラント治療をお願いする先生はどのようにして探せば良いのでしょうか? 多少でもヒントになればと思います。
わかりやすい一つの目安は,日本口腔インプラント学会が認定する専門医資格です。実績の証です。

日本口腔インプラント学会認定インプラント専門医とは?

明るい男性、歯が綺麗

 全国の歯科医師約11万人中、インプラントに興味を持ち日本最大の日本口腔インプラント学会に所属している歯科医師数は約12,500名です。
入会すると、いわゆる「日本口腔インプラント学会会員」とホームページ等に表示する方が多いです。
その中で専門医試験を受け合格し、学会認定を受けた専門医数は全国で約1,100名です。日本の歯科医師で約1%の狭き門です。
専門医を取得すると「日本口腔インプラント学会認定インプラント専門医」と表示する方が多いです。

 同様に、日本歯周病学会専門医も日本の歯科医師中約1%の狭き門です。
なぜここで歯周病の話しが出てくるのか不思議に思われる方もいると思います。
インプラント治療を受ける方は、他の部位が歯周病に罹患している場合が多くその治療も必要なことが多いです。
インプラントも天然歯と同じように、インプラント周囲炎という歯周病と同じような病気にかかり、症状が進めばインプラント体は脱落します。
歯周治療はインプラント治療と密接な関係があります。
更に、インプラントを長持ちさせるためには咬み合わせ(咬合)が重要です。
顎関節を含めた咬み合わせの専門は、日本顎咬合学会認定医です。(専門医制度はありません)
必要な場合はインビザラインによるマウスピース矯正治療を行い、咬み合わせ全体を整え適切な位置にインプラントを埋入します。
矯正治療もインビザラインプラチナドクターと認定されてますので安心して受診して下さい。
長期に渡り機能的で安定した予後実績を目指し包括的な総合診療を専門スタッフと共に行います。

高齢者、よく噛むこと

インプラント治療を受けることで、健康かつ美しい口元になり、快適で豊かな生活を手に入れることができると思います。
「何でも噛める」「自信を持って笑える」 ことで人生に積極的になり、豊かな未来が開けてきます。
その為に、私たちは常に研鑽し、最新・最高の知見と治療とメインテナンス技術を追求しています。
治療後は、再び悪くならないようにすることが大切です。子供たちには、通院を通じて一本のむし歯もなく、歯並びも整った笑顔が似合う大人になってもらいたいと思います。成人の方もしっかり治療を受けていただいた後は、再び悪くならないように担当歯科衛生士による定期メインテナンスをお勧めしています。大事なお口の健康を守るためには、「治療の為に通う」から「予防の為に通う」に意識を切り替えることが大事だと考えています。予防型の歯科医院です。

インプラントを長く安定した状態で維持するには、正確な咬み合わせと「くいしばり」「歯軋り」に対する対応がとても重要です。
ナイトガードを使用する事で過重負担を防ぐ事も大切です。

歯軋り  食いしばりの骨隆起

定期的なメインテナンスを継続することも大切です。

☆全身疾患との関わり

糖尿病
(1)細菌の侵入に対して易感染性が弱い
手術を行った箇所が感染しやすかったり、一般的に傷の治りがやや遅れる場合があります。
ですが、抗生物質の適切な投与や、施術前の感染対策を十分にしておくことで、インプラント手術は問題なく可能です。
なお、ヘモグロビンの値HbA1cが7.0以下でコントロールされていれば、リスクが軽減されます。

(2)自己注射のタイミング
血糖降下剤の内服やインスリンの自己注射をされている場合、手術当日の内服や、自己注射のタイミングに注意が必要です。
手術後にお食事が召し上がりにくくなった場合、いつも通りに決まった時間に内服や自己注射を行ってしまいますと、血糖値が下がりすぎてしまい、低血糖症状が出てしまいます。担当歯科医の十分な医学的知識が不可欠です。
低血糖昏睡は、血糖値を上げる飴やチョコなどで対応できます。また、静脈内鎮静法を応用していれば対応することが可能です。

高血圧
高血圧症の定義とは、一般的に境界ラインを含めて140mmHg以上・最低血圧は90mmHg以下とされています。
高血圧症を疾患されている患者様に、何の準備もせずに治療を行うと、緊張感や不安感が原因で、血圧が10~30程度上昇してしまう場合や、最高血圧が190以上に達することで施術中に気分が不快になったり、動悸を訴える場合などがあります。また、局所麻酔薬には血圧を上昇させる成分が少々含まれています。
この場合、静脈内鎮静法を用いることで、リラックスした状態で手術を受けて頂くことが出来ます。 また、局所麻酔薬の中に血圧を上昇させる成分が少々添加されています。そのような時には無痛鎮静法(点滴麻酔)をもちいれば、手術をリラックスした状態で受けて頂くことができ、緊張や恐怖心による血圧の上昇を抑制することが可能です。血圧をコントロールすることも可能なので、安全です。

心血管疾患
狭心症・心筋梗塞を罹患されたことのある患者様は、血液の流れをサラサラにするため、バファリンやワーファリンなどを内服されているかと思われます。この影響で、手術中の出血が止まりにくくなってしまうことがあります。
以前の学説では、内服を一週間程度中止しなければ手術を行うことは不可能とされていましたが、最新の学説では継続したまま手術を行っても、止血処理を適切に行うことで問題はないとされています。
いずれにしても、
・狭心症・心筋梗塞
・心臓弁膜症などで人工弁置換術を受けた方
・重症不整脈で体内型ペースメーカーを入れている方
上記に該当する場合、内科の主治医様と密接に連携をとり、手際の良い手術を行う必要があります。

骨粗鬆症
インプラント治療は、骨にインプラントを埋入する治療なので、骨粗鬆症の影響を心配される患者様が大勢いらっしゃいます。
骨粗鬆症の方でもインプラント治療を行うことは可能です。
しかし、施術時の骨密度は低く、固定が得られにくいのも事実。ですので、周囲の骨を圧縮して密度を高めてやるという方法をとっております。
また、上部構造装着までの期間を長めにとることで、骨をインプラントの結合が確実に進むようにしています。 治療は、薬の服用状況や全身状態を診断し、慎重に行っていくのでご安心ください。
※BP製材(ビスフォスフォネート)を服用している方は最低3ヶ月間、服用を中止する必要があります。

最後に

歯面研磨スケーリングピカピカの歯

色々な専門分野の知見を生かし、総合的にインプラント治療の解説をする事により、全国のインプラント治療を希望している皆さんが、
地元で安心して信頼できるクリニックを見つけるお手伝いになればと思います。
博道会グループは、医療機関として不安を抱えて来院される患者さんに、できるだけ配慮し様々な工夫を致しております。

 

お知らせ

診療日 月・火・水・木・金・土・日
診療予約受付時間 10:00~20:00

 

 

インプラントの料金についてはこちらをどうぞ

料金

 

インプラント学会ロゴ