インプラント治療と麻酔

インプラント治療と麻酔について

インプラント手術には「経験豊富な麻酔医」「厳密な生体モニターの体制」も重要です。
インプラント手術を受けられる方の多くは、自覚のある無しに関わらず、高血圧や糖尿病などの有病者であることが多いです。同時に、インプラント手術は精神的に緊張を伴うことが多く、心臓や脳に負荷が掛かりやすい状態にあります。つまり、「いかに患者様の緊張を和らげるか」
「手術中の患者様の体の状態を正確に把握するか」が極めて重要となります。

当院では「セデーション(静脈内鎮静法)」という、痛みや恐れを感じず緊張もしない、うたたねのような気分で安心できる麻酔を用意しています。
また、手術中は常に「血圧、心電図、酸素飽和度」などをモニターしています。必要な方には点滴も行います。

当院では、麻酔専門医によるセデーション(静脈内沈静法)を受ける事が出来ます。
インプラント治療では、眠っているような感覚で治療が”セデーション(静脈内沈静法)”です。
最近は胃カメラの時にもよく使用されてます。
当院でインプラント手術を受けられる方のうち、半数以上の方がセデーションをご利用いただいています。
セデーションは、精神面の安全(緊張・不安)と身体面の安全(心拍数・血圧等)が高められる治療です。