インプラント治療の流れ

初診時の診断

インプラントの初診時は、歯科専用CT(コンピューター活断撮影機)を使用して撮影します。
歯を支えるアゴの骨には”くぼみ”や”傾き”があり、神経や血管がたくさん通っています。
それらはとても複雑で、一般のレントゲン写真では、骨の形になった神経や血管等を確認できません。

安全な治療の為には初診時のカウンセリングが大切です。
必ず、ドクター自らがCTの撮影、その後の診断・カウンセリングを行うことが、
安全な治療の為に欠かせないポイント
です。