インプラント治療

金属アレルギーでもインプラントできる?

    金属アレルギーでもインプラントできる?

    「金属アレルギーだと、インプラントはできませんよね?」

    この質問は、とても多くの方にいただきます。

    ですが、実は金属アレルギーの方でも、ある一定の条件をクリアしていれば、インプラント治療をする事が出来ます。

    では、どのような条件だと、金属アレルギーの方でもインプラント治療は可能なのでしょうか?

    〜チタンアレルギーではない場合〜

    チタンアレルギーで無い場合には、インプラント治療は可能です。

    金属アレルギーを発症しやすいと言われている金属は

    ・ニッケル

    ・コバルト

    ・クロム

    ・水銀

    とされています。

    インプラントに使用されている材料は

    ・純チタン

    ・チタン合金

    になります。

    インプラントで使用されるチタンは、金属の中でも比較的、アレルギーになりにくい金属だと言われています。その理由は、金属は酸素に触れると、酸化膜というものを表面に形成するのですが、チタンの場合にはその酸化膜がとても安定しており、チタン表面をコーティングする形となり、腐食しにくく、唾液や体液で溶け出す事がほぼないので、アレルギー反応が出ることが少ないと言われています。

    金属アレルギーが判明する中で、アクセサリーによる皮膚の赤み、湿疹、かぶれが出ることで、気がつく事が多いそうです。

    歯科でのアレルギー反応が出る場合には、このような症状が考えられます。

    ・金属の被せ物や詰め物に近い歯肉や舌、歯肉などに白っぽい口内炎状のものが出来る

    ・足の皮や手の皮が剥ける

    ・顔や全身に原因不明の発疹が出る

    ・舌がただれる

    ・味覚の異常

    ・口内炎

    ・口唇、口角炎

    など、症状は様々ですが、金属アレルギーで悩む方にはとても辛い症状だと伺います。

    金属アレルギーはあるけれど、インプラントの治療を希望したい、ということであれば、インプラントの治療をする前に、皮膚科で金属アレルギーのパッチテストを行うことをお勧めいたします。

    その中で、反応する金属に、チタンがなければ、インプラントの治療は、問題なく行える場合がほとんどです。

    〜インプラント体以外のものを金属以外のものにする〜

    インプラントは、大まかに3つのパーツに分かれています。

    • インプラント体

    顎の骨の中に埋め込むもので、本来の歯の根と同じ役割を持つのが、人工歯根となります。

    人工歯根は現存するもので、素材は純チタンとチタン合金になります。

    • インプラントアバットメント

    インプラントと上部構造(被せ物)を接続させるためのものです。

    インプラント体にねじ止めで接続する方は金属を使用しますが、歯肉より上、歯肉と接する場所はジルコニアというとても硬く、白い陶材を使用して製作する事が可能です。

    • インプラント上部構造(被せ物)

    インプラントの上部構造(被せ物)には様々な選択肢があります。

    金属を使用しない、セラミックやジルコニアの白い被せ物を使用することで、金属アレルギーを回避することができます。

    金属アレルギーの治療で使用する材料と同じものを使用しますが、インプラントの上部構造の完成形では樹脂(プラスチック)は使用しません。

    〜インプラントを入れていて、金属アレルギー反応が出てしまった場合〜

    インプラント治療前には、特に大きなアレルギー症状がなく過ごせていた方に、ごく稀に起こる症状です。

    その場合の対処法とすると、いくつか方法があります。

    アレルギーを抑えるお薬を処方してもらいながら、インプラントの周囲を清潔に保ち、症状が抑えられるようにします。

    その後、インプラントの上部構造、インプラントのアタッチメントというインプラントと上部構造(被せ物)を連結するところを、金属では無いもの(主に陶材のジルコニア)へと交換し、アレルギー症状が落ち着くかを確認します。

    それでもアレルギー症状が落ち着かない場合には、インプラントごと除去しなければなりません。

    〜まとめ〜

    金属アレルギーが出てしまうと、本当に辛い症状が続いてしまいますので、まずはチタンのアレルギー反応が出ないかどうか?ということを検査してからインプラント治療に臨むと、安心して治療ができると思います。

    こちらの記事が参考になりますと幸いです。

    福岡県福岡市博多区のインプラント専門医が解説。

    スマイルライン歯科・矯正歯科

     

    関連記事

    TOP